2014年01月27日

ロックマンエグゼ6 東京大会決勝戦

2006年の東京で行われたマスターズクラスの決勝戦です。
決勝戦ということもあって、カットインによるインビジブルやエリアスチールの応酬。さらに改造カードでのお互いがかなり強力な性能に仕上がっています。ゲームの中で飛び交う心理戦は非常に目を見張るものがあります。
お互いが一進一退の攻防を繰り広げて、なかなか相手にダメージを与えることができない状態が続きますが、右側の選手がエリアを奪った状態、かつ相手がスラッシュクロスの状態でメテオナックルの発動に成功します。エリアが狭いので、ナックルの密度が高い上に、スラッシュクロスなのでダメージが2倍になります。
追い詰められた左側の選手ですが、チャージクロスになり、ブラストマンSPを発動しますが、これもカワリミでかわされます。右側の選手の溜め撃ちが攻撃力500のダークソードで左側の選手のHPを1にした状態まで追い込みます。そこでカスタム画面に。
左側の選手は起死回生のビーストアウトを発動。逆転に持ち込もうとします。ここで左側の選手が貼っていたナビスカウトが発動。右側の選手のジャッジマンSPを跳ね返します。
そしてカーネルフォースを発動した右側の選手の逆転勝ちになりました。
この逆転勝ちがとても興奮するもので、何回も見てしまいます。

【関連する記事】
posted by ニコニコ動画面白動画 at 10:00| Comment(0) | ゲーム動画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。